テーマ:マリーの徒然なるままに

公式カタログが発売されます

現在、十和田市現代美術館で開催されている「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」展にて、父が製作した「まわるらせん階段」が、毛利さんのアートの一部として展示されています。 この展覧会の美術館公式カタログが、明日2/25(月)、発売されます。 父の階段作品は、巻頭1ページ目から掲載されているそうです。 展覧会は来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もステキな年でありますように・・・

あけましておめでとうございます。 そして誕生日に、たくさんの温かいメッセージ、ありがとうございました。 ついに、「不惑」の40代に突入です。 おみくじによると、今年は、 “どんなことがあっても焦らず、 自分は何がしたいのか、何ができるのか、常に自分と向き合うこと” が大切になる年だそうです。 1日1日を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の作品が展示されています

現在、十和田市現代美術館にて開催中の企画展、「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」。 その中で、父が制作した階段作品が展示されています。 「絶対に乗らないでください」という階段。 宙に浮いていて、階段自体がくるくる回ります。 先日、NHK eテレ「日曜美術館 アートシーン」でも放送されました。 来年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北のおもてなし

会津地方に来るたび気になっていた「こづゆ」。 ようやくご対面です。 サトイモやニンジン、山菜、豆麩などが入った、会津地方の郷土料理。 おめでたい席などで出される、おもてなし料理なんだそうです。 心も身体もほっこり・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩釜の伝統文化

宮城県塩釜市に途中下車。 お世話になっている方の案内で、塩竈みなと祭へ。 神様を乗せたお神輿が、船で松島湾を廻ったのち、202段の階段を昇り、鹽竈神社に帰ります。 日本の伝統文化って、やっぱり素敵。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜石市の今・・・

釜石市を初めて訪れたのは、2013年。 その頃は、まだ震災の傷が生々しく残っている部分が、たくさんありました。 あれから7年・・・ 少しずつですが、前に向かって進んでいます。 釜石市役所。 津波は、玄関まで押し寄せてきたそうです。 この階段を登って避難しようとしていたおじいさんが、目の前で流されていった姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go For 2019

サッカーW杯の後は、ラグビーW杯・日本大会。 ラグビーの街・釜石も、開催地の一つになっています。 市役所の方の案内で、現在建設中の「釜石鵜住居復興スタジアム」を見せていただきました。 工事中なので、ヘルメット着用は必須。 ラグビーは、「お互いを尊敬するスポーツ」なのだそうです。 どんな結果であろうと、試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます!!

群馬の実家にて、姪っ子(6歳)と恋ダンスを踊り続けるという、謎な年明けで迎えた2018年。 本日、またひとつ歳を重ねました。 たくさんのおめでとうメッセージ、ありがとうございます!! 前田憲男先生からも、 “今年もはつらつとしたお姿でわれわれ年寄りを元気づけてください” というメッセージをいただきました。 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹かまぼこのふるさと

何度も塩釜を訪れているのに、ゆっくりと市内を見たことがなかったわたしたち。 玉川中学校の高橋校長が、案内をしてくださいました。 まずは、武田の笹かまぼこさん。 この場所も、あの震災で被害に遭いました。 仙台名物の笹かまぼこって、塩竈市から誕生したんですね。 なんと、笹かまぼこができるまでの過程まで、見学でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年に一度のお楽しみ

諸先輩方と、綺麗な夕陽を見ながら、食べて飲んで楽しむ会。 マリーンさんと・・・ 聴いている人と歌っている人が、一緒に感じる。 それこそが歌だ、と教えてくれました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“わ”で奏でる東日本応援コンサート2017~6年目の陸前高田~

陸前高田を初めて訪れたのは、震災の年の11月。 当時の陸前高田は、こんな風景でした。 以来、毎年のように訪れ、この街の変化を見てきました。 そして、6年目・・・ 街は、未だこんな感じです。 復興には、まだまだ時間がかかりそう。 でも・・・ 図書館ができました。 人が集まる、商業施設がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

そして、たくさんの"誕生日おめでとう"メッセージ、ありがとうございます。 1月4日、またひとつ、歳を重ねました。 今年のお正月は、久しぶりに"うまんちゅ魂"に触れました。 うまんちゅ(群馬県人)だったら、誰もが知っている上毛かるた。 大会に向けて、毎日練習に励んでいた子どもの頃。 「挫けずやり続けていれば、必ず結果がつ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

音楽の聖地へ

静岡県にある、音楽の聖地「つま恋」。 吉田拓郎さんの伝説のコンサートが開かれたのが、ここ、つま恋。 そして何よりも、中島みゆきさん、因幡晃さん、八神純子さん、CHAGE&ASKAさん・・・、たくさんのアーティストのみなさんの原点の場所。 この場所から、みなさん羽ばたいていったんですね。 プロデューサー・I氏も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本年もよろしくお願いいたします

厄年なわたしですが、 とある占いに依りますと、 仕事運、恋愛運、金運、すべてにおいて大吉 とのことなので、今年はこれを信じて、邁進していきます(笑)。 今年もたくさんの笑顔に出逢えますように・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“日本の誇り”に出会いました

セイコーの高級時計・クレドールの彫金師、照井 清さん。 「現代の名工」に選ばれ、黄綬褒章も受章された、日本一の彫金師です。 世界の彫金師も脱帽したという照井さんの神業に、声も忘れて見入ってしまいました。 これはもう芸術です。 匠の世界は奥深い・・・ ※照井さんの神業はこちらをご覧ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プチ夏休み・その2

旅2日目は、秋田へ・・・ かねてから行きたかった、角館。 じつは、日本家屋好きの私。 静かに、街並みを拝見していましたが、 心の中ではかなり飛び上がって喜んでいました。 角館と言えば、この武家屋敷はもちろんですが、 安藤醤油の“しょうゆソフトクリーム”もおススメ。 しょうゆのソフトクリームって・・・とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プチ夏休み・その1

じつは、東北ツアーの合間に、ちょっとだけ旅に出ました。 十和田湖にいる、乙女に逢いに・・・ 逢いたかった、乙女・・・の像(笑)。 奥入瀬渓谷で、マイナスイオンを存分に浴びたら・・・ ねぷた祭り開催中の弘前へ。 祭りの様子は撮れなかったので、代わりに、ねぷた博物館へ行ってみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大船渡市の現在(いま)

津波で大きな被害を受けた、岩手県大船渡市。 港が整備され始めていたり、建物も増え始めたりしていますが、 復興はまだまだ・・・という感じですね。 プレハブの商店街は、笑顔であふれていました。 沿岸にある、商工会議所の建物。 津波の威力がいかに大きかったかを、物語っています。 この日、商工会議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県名取市の現在(いま)

地元の方の案内で、名取市内、 特に、被害の大きかった閖上地区を見てきました。 “街が消える”姿を目の当たりにして、かける言葉が見つからなかった。 「ここは商店街で、家が密集していたところです。」 「ここは工場がたくさんあったところで・・・」 どこを見渡しても、わずかに建物が残っているものの、原っぱ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもありがとうございます!!

お世話になっているサロンの伊藤店長。 疲れがたまると、いつもココでリフレッシュします。 今日もゲルマニウム温浴で、スッキリ・・・ って、投稿したらプレゼントがもらえた♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年第一弾!!

   フロイデ~歓び~ かけ声もない 孤独におびえ それでも やりたいこと やり続け またまた失敗 繰り返し 磨かれた夢に やっと出来ること ほら観てごらん 歓びの分かれ道 フロイデ フロイデ フロイデ フロイデ だれも偉そうで 賢く見えて それでも 浜辺をさまよい 秋の風 かわいた涙で 洗った夢 ただよう香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵が語る、コンサート

先日の日比谷コンベンションホールでのコンサート。 お客様が、絵にして送ってくださいました。 ありがとうございます!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体験者の言葉

景色が、ほとんど昨年と変わっていない・・・岩手県宮古市田老町。 訪れるのは、昨年夏以来3回目。 瓦礫は減っていたけれど、 学校や一部の公的施設は新しくなった。 でも、それ以外は、まったく手付かず・・・ 壊れた漁船が放置されていたりもします。 被災者の方とバスに乗った。 その時、海岸から小高い丘を指差して、 「…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

勇気

時が流れてゆく さえぎるものなど何もない 人に隠れた 生活だけになるのなら いつかは つまらないと思うでしょう 難しいから 面白いのよ もてる全てを出して やってごらん やりたいことは ためらわないで  妨害するのは 沈んだ心のせいよ 条件をかき消す 情熱で歩き出して 誇らしい自分の 未来を想像してごらん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢見た雲あおい空

だれもが一人だね みんなで歩いてる  それぞれの 足音 聞きながら その人だけの 苦しみを  ニュース 観るように 眺めてる 叫んでいる だれもが  かかえられない 問題を 夢見た雲あおい空 だから 競(あらそ)うだけでなく 分かち合おう  時には ゆっくりと 子どもの歩みで そして いま君を 愛してゆこう 同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枠をこえて

町をこえて 国もこえて 人の言葉で 話し合えれば 人間だもの 肩組み合える 寄る辺ない故郷 伝えていける 結ばれる いのちの未来 みつめ合う 仲間のままに かぎりなく 人間は美しい かすかな明かりも 信じてゆける 垣根をこえて トビラも開けて 丸いテーブル 食事をすれば 意固地にならず おいしい歴史  夢見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more