テーマ:復興応援活動

ありがとう、そして、よろしく・・・

希望によろしくコンサート、ご来場ありがとうございました。 木や花は、必ず成長して花を咲かせる。 わたし達の心の中にも、それぞれに芽生えた苗木がある。 中には、長い時間をかけて、成長するものもあるかもしれない。 それでも、いつか必ず花を咲かせることが出来る・・・ これからもわたしは、 心に芽生えた苗木が、希望に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞に掲載されました

                 -山口マリーさん、くるみeeさん-               希望によろしく「現地に思いを寄せて」~来月8日、苗木寄贈活動も報告~  東日本大震災の被災者に寄り添い続けるシンガーソングライター、山口マリーさん、くるみeeさんが、6月8日午後二時半から、日比谷図書文化館(日比谷公園内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詳細は、6/8に…

先週5/19(日)正午、岩手県宮古市の浄土ヶ浜から、 くるみeeの「おにぎり丸」が出航しました。 CDやグッツを通じて集まったおにぎりを、 被災した船の上で、地元の方と一緒に食べよう!! わたしも一緒に味わってきました。 くるみee、おつかれさまでした。 先月の植樹と、今回のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災港からの土

田老町の被災港から、波に揉まれた「土」を頂きました。 瓦礫の混じった荒い土です。 土なのか、砂利なのか、瓦礫なのか・・・。 眺めると、不可思議な気持ちになります。 その土を、小さなビニール袋に分入れて、プレゼントしたいと思います。 6月8日の日比谷コンベンションホールコンサートで・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手日報に掲載されました

               豊かな海願いコナラを植樹-宮古の田老漁協-  宮古市田老の田老町漁協女性部(鳥居豊子部長)は28日、豊かな海が次世代に受け継がれることを願い、同市青倉地区で植樹活動を行った。  同漁協やいわて生協などから約200人が参加し、約80センチのコナラの苗木千本を山の斜面に植えた。  植樹は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

かならず海岸に松が・・・

“被災した三陸海岸に、もう一度松林を・・・” その願いで、ステージを重ねてきました。 まだ、まだ続けていきたいと思います。 三陸の荒廃した海岸に松を植えるには、あと5年はかかる。 植樹する土地の整備から、“想いを形に・・・”。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

苗木(苗木のお金)を届けました

私のCDを買っていただき、ご協力いただいた苗木は、 漁業協同組合女性部・鳥居豊子部長さんと、 男性の鈴木副組合長さんに、お渡ししました。 部長さんの、私に対するお言葉です。 “いただいた、このお金は大切に、 たいせつに使わせていただきます。” とても温かな、それは短い時間でした。 未来…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

豊かな海を・・・

200人で1,000本、 コナラ苗木植樹をしました。 “豊かな海を残したい” その想いで続けてきたという植樹活動。 被災地の方からの話。 “この震災で私たちは、たくさんの仲間を失いました。 「木を植える」ということは、私たちにとって、 「命をつないでいく」ことでもあるんです。” その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢見ながらの植樹

朝9時30分、 田老町漁協から、バスで山道30分。 山に登ること、息を切らしながら数十分・・・ 植樹専門の方から、 植え方指導、 植樹開始。 枯葉を除き、30~40cmほど掘った穴に、 苗木を挿して、掘り出土を、もう一度かけて、 押し固めて、最後に、 乾燥しないよう、枯葉をかけて、は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうございました

4月28日、 多くの漁船を震災で流された岩手県宮古市田老町にて、 CD「君死にたまふことなかれ」で、ご協力いただいた苗木券(250本分)を、 漁業協同組合女性部の方にお届けしました。 青倉地区の「婦人の森」で、私も地元のみなさんと一緒に、 長靴を履いて、軍手で植樹をしました。 一年間の想いが達成できて、とても…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いよいよ、今週末・・・

“三陸の海岸に、緑を・・・” 一年間の想いが、形になります。 熱海~宮古~東京、1500キロの旅はいかに・・・ 長靴と軍手を忘れずに・・・
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

苗木植樹イベント、4/28(日)に決まりました

昨年から一年間、 “三陸の海岸に、もう一度みどりを・・・” そんな想いで、ステージを続けてきました。 たくさんの苗木が集まりました。 ありがとうございました。 4/28(日)、 ご協力いただいたみなさんの想い、 その苗木を届けてきます。 場所は、昨年「しあわせの大漁旗」を届けた、 岩手県宮古市田老…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

みどり・めぐみ通信

山口マリー情報誌 「みどり・めぐみ通信」が、 できました。 制作していただいたホモケンさん、 ありがとうございます。 1面は、山口マリーと「みどり・めぐみ」運動 2面は、運動の想い、松と日本人との関係 (財)日本緑化センターさん、ご協力ありがとうございます。 伝わるかな・・・ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「松やにワイン」と「マツ酒」が気になる・・・

来年5月、目標5,000本の松の苗木を三陸の海岸へ・・・ “みどり・めぐみ”運動。 再び、(財)日本緑化センターさんと打ち合わせ。 松は海岸や山の尾根、山肌の削れた崖、 そんな過酷な場所でも、たくましく根を張ることができる。 他の樹木が育つよう、土壌を作り上げる開拓者でもあり、 未来へ渡していく・・・松の素晴…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

約500戸の仮設住宅があります

福島県二本松市コンサートは2度目。 二本松・安達運動場には浪江町からの 避難者が暮らす500戸の仮設住宅。 大幅に現地集合が遅れてしまった。 にもかかわらず、参加者の仮設住宅のみなさん、 待っていてくださった。 覚えている顔もたくさん。 みなさん、はじめての曲なのに、アンコールがあった・・・ それ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

8月11日の北上は辛かった

がんばろう浪江!フェスティバル in 福島県二本松市。 安達体育館。 8月11日の北上は辛かった。 朝6時、東名川崎、すでに渋滞。 首都高速、また渋滞。 やっと東北自動車道、浦和料金所から渋滞、 とどめは、白河から二本松まで50キロ渋滞。 携帯電話・・・一般道に降りました。 では、我々も。 白河か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

わたしに、出来ること見つけた・・・

甚大な被害のあった岩手県宮古市田老町。 5月末に訪ねた時と同じ、破壊されたガソリンスタンド、1階が空洞のままの建物。 風景が、まったく変わっていない。 ショックでした・・・(涙) 広大な敷地(グリーンピア三陸みやこ)内にひしめく500戸近い、 整然とした柵に囲まれた仮設住宅群。 圧倒的に、ご老人の方が多い。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

暑い中、お疲れさまでした

仮設住宅地、訪ねるのは2度目、 岩手県宮古市の田老地区でした。 グリーンピア三陸みやこの内に、仮設住宅があります。 大きなところで、路線バスが走り、大きな食堂やプール、 それに体育館などもあり、ひとつの村のようです。 さて、宮古市田老地区といえば、 5月に、「しあわせの大漁旗」第一号旗をお渡しした町。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

3歩前進

日本緑化センターへ行ってきました。 「みどりめぐみ」運動のイメージとして、 チラシに陸前高田の震災前後の写真を載せているのですが、 その写真を提供くださったのが、日本緑化センターなのです。 運動を続けるにあたり、アドバイスいただきたいと、 被災地の現状や松のことについて、 いろいろ教えていただき…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「何を書いていいか分からない・・・」

先月24日、横浜市緑区の前田憲男先生のコンサートでのこと。 ロビーで、「しあわせの大漁旗」の、寄せ書き願いをしている時、 ひとりの、何度も行き来する男性がいました。 声をかけると、ウロウロしながら、つぶやいている。 「何を書いていいか分からない・・・」 そして、その場を去っていくのです。 が、再び…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

帰れない浪江町を・・・かな

福島県は二本松市の仮設住宅廻り。 その2箇所目は、城跡なのか、 郭内公園というところにある応急仮設住宅団地。 こちらにも200世帯ほどが避難されていました。 オリジナル曲だけではなく、 一緒に歌える曲も何曲か用意しました。 その中の「ふるさと」を歌った時、静かな、うねりのような合唱。 だれもが真剣な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

はじめに笑顔がありました

福島県は二本松市にある、原発付近からの仮設住宅。 この二本松市には、たくさん、浪江町からの避難者がいらっしゃるとのこと。 最初に伺ったのは、市内から遠い高台にある、 安達運動場というところに作られた、応急仮設住宅団地。 ここには500世帯ほどの方々が避難していました。 はじめに笑顔がありました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東北チャリティ~一関市千厩町~

岩手県一関市千厩町。 会場は、千厩・酒のくら交流施設 東蔵イベントホール。 それは1分間の、厳粛な黙祷から始まりました。 その後が、私のステージでした。 津波を体験なされた方々、 目の前にして歌った「しあわせの大漁旗」という曲。 歌いながら、 不思議と気持ちが、 みんなと歌っている…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東北チャリティ~会津喜多方~

福島県会津喜多方市。 会場は、大和川酒造店・北方風土館「昭和蔵」。 津波と原発による避難で、メンバーがバラバラになってしまった、 南相馬市の原町第一小学校のマーチングバンド、 “H-Seeds”と前田先生のコラボレーション、感動的でした。 ※H-SeedsのBlog http://hara…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刺激的で濃厚な3日間

東北チャリティコンサートより、無事帰ってきました。 刺激的で濃厚な3日間でした。 福島県会津喜多方市では、原発避難の南相馬市からの方々。 岩手県一関市では、 三陸沿岸の気仙沼市や陸前高田市から避難されてきた方々のステージ。 行くまでは、少し怖かったんです。 最初の挨拶で、さて、どんな言葉をかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more