岩手日報に掲載されました

画像


               豊かな海願いコナラを植樹-宮古の田老漁協-

 宮古市田老の田老町漁協女性部(鳥居豊子部長)は28日、豊かな海が次世代に受け継がれることを願い、同市青倉地区で植樹活動を行った。
 同漁協やいわて生協などから約200人が参加し、約80センチのコナラの苗木千本を山の斜面に植えた。
 植樹は1993年に始まり、今年で20回目。
 一昨年は震災の影響で中止になったが、昨年から再開された。
 鳥居部長は、「山の環境を守ることが、漁家の生活の場である海を守ることにつながる。美しい故郷を次世代に残すため、今後も活動を続けたい」と語った。
 シンガー・ソングライターの山口マリーさんとくるみeeさん、鼻笛演奏家のモスリンさんがライブ活動を通じて集めた募金約5万円、前橋市の年越しイベントの実行委は約7万5千円を寄付した。
 サッカーJ1、大宮アルディージャも協賛金10万円を贈った。

この記事へのコメント

「岩手日報に掲載されました」について
2013年05月10日 00:21
まこっちゃんです。

頑張ってください。応援してますよ。

この記事へのトラックバック