自殺した

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

フランスで、修道女になっていた彼女。
怒った顔を、見たことのない親友。
じっと、何かを考え込むような人だった。
計り知れない、何かがあったのだろう。

先日、平塚で、ある人に、
アルバムタイトルを、なぜ、「君死にたまふことなかれ」にしたのか
と聞かれた。
与謝野晶子が、戦場に出征する弟へ、
死ぬなと贈った詩、
「君死にたまふことなかれ」。

私の、このアルバムには、生きるメッセージを込めました。
辛くて、悲しくて、苦しくて・・・
きっとあるでしょう。
だからこそ生きるんです。
夢見て、生きるんです。
君、死にたまふことなかれ。

彼女に、この言葉を伝えることは、もうできないけれど・・・

この記事へのコメント

「自殺した」について
2012年09月13日 22:01
まこっちゃんです。
ご愁傷様でございます

この記事へのトラックバック